BIOGRAPHY

エレファントカシマシ ph_bio_201711_sp.jpg
1981年エレファントカシマシ結成。
86年、中学のクラスメートであった宮本浩次・石森敏行・冨永義之の3人に、冨永の高校時代の同級生だった 高緑成治が加わり、現在のエレファントカシマシとなる。
同年CBS SONY SDオーディション入賞。

88年、EPIC SONYよりアルバム「THE ELEPHANT KASHIMASHI」、シングル「デーデ」でデビュー。
この後EPIC SONYから、アルバム7枚・シングル9枚をリリース。
94年5月にリリースした「東京の空」を最後にEPIC SONYとの契約を終了。

96年4月、シングル「悲しみの果て/四月の風」をPONY CANYONからリリースし前線復帰。
カリスマ性あふれる音づくりと圧倒的なライブパフォーマンスで、熱烈な支持を得る。
97年7月にはシングル「今宵の月のように」、同年9月にアルバム「明日に向かって走れ」をリリース。

99年12月、東芝EMI移籍第1弾シングル「ガストロンジャー」で日本のミュージックシーンに波紋を呼び、新たなステージに立った彼らの、約1年半ぶりとなるオリジナル・アルバム「good morning」を00年4月にリリース。
そして、戦闘的ともいえる「good morning」とはあまりにも対照的な、エレカシの繊細かつ叙情的な楽曲を集めた初のセレクション・アルバム「sweet memory~エレカシ青春セレクション~を00年9月にリリース。
01年7月、小林武史氏をプロデューサーに迎え、シングル「暑中見舞-憂鬱な午後-」をリリース。
02年5月には、アルバム「ライフ」をリリース。また、同年の12月にコンプリートライブDVD「Life TOUR 2002」とエレカシ史上初となるミニ・アルバム「DEAD OR ALIVE」をリリース。
03年6月にはシングル3作品同時発売。そして7月16日に完全セルフ・プロデュースによる通算14作目のアルバム「俺の道」をリリース。
04年1月13日、約14年振りに新宿コマ劇場のステージに立った。
3月31日には、アルバム「扉」をリリース。
「扉」完成直後、制作開始したシングル「友達がいるのさ」,アルバム「風」を早くも9月に発売。
また「扉」の制作過程を追ったドキュメンタリーフィルム「扉の向こう」(東・名・阪の3大都市での劇場公開でも話題となった/是枝裕和氏プロデュース作品)のDVDを9月に発売した。
11月から12月にかけて行われた“平成理想主義の旅”の全国ツアーで04年を締めくくった。
05年にはバンド史上初のライブCD「日本 夏」「野音 秋」(期間限定販売)を発売。すまねえ魂ツアーを行なう。
06年3月29日に約7年振りに佐久間正英氏をサウンドプロデューサーに迎え、17作目のアルバム「町を見下ろす丘」をリリース。
全国コンサートツアー“今をかきならせ” (全11公演/5月~7月)を行なう。

07年5月12日にはデビュー20周年記念特別公演“俺たちの明日”大阪城野外音楽堂、5月26日には“俺たちの明日”日比谷野外音楽堂でのライブを行なった。
またイベント/フェスティバルに出演し意欲的な活動の中で、新曲作りも平行して行い同年11月ユニバーサルミュージック(SIGMA)より待望の移籍第1弾シングル「俺たちの明日」をリリース。
08年の1月1日に第2弾シングル「笑顔の未来へ」をリリース。
1月30日には渾身の18thアルバム「STARTING OVER」、3月にシングル「桜の花、舞い上がる道を」を放ち4月には全国ツアーを行った。数々のロックフェス出演を経て、10月1日に待望のニューシングル「新しい季節へキミと」をリリース。
年内最後の単独ライブJCBホール2daysを敢行。
09年、3月シングル「絆(きづな)」は全国公開映画 相棒シリーズ「鑑識・米沢守の事件簿」主題歌に決定。
続く4月29日にリリースされた19thアルバム「昇れる太陽」に収録されている「ハナウタ~遠い昔からの物語~」がサントリーの焼酎「はなうた」のCMソングに起用される。
4月11日には「桜の花舞い上がる武道館」と銘打たれた約8年振りの日本武道館単独公演(即日SOLD OUT)を成功させ、5月から6月にかけて約1年振りの全国ツアー“昇れる太陽”を敢行。
バンド史上最多の夏フェス出演を果たし、9月にはゲストバンドを招いての自主企画イベント「太陽と月の下の往来」を大阪城野音で開催。同月、SONY/PONY CANYON/EMI各レーベルより自選作品集3タイトル、「桜の花舞い上がる武道館」ライブDVD同時リリース。
そして日比谷野外音楽堂単独公演を10月24日、25日の2days開催(20年連続)。
10年3月17日にはこの日比谷野外音楽堂2日間の模様を収録したライブDVDをリリース。
5月にこの年の第1弾シングル「幸せよ、この指にとまれ」をリリース。
数々のロックフェス出演、日比谷、大阪城野音単独公演を経てニューシングル「明日への記憶」、「いつか見た夢を/彼女は買い物の帰り道」を9月、10月と2ヶ月連続リリースし通算20枚目のオリジナル・アルバム「悪魔のささやき~そして、心に火を灯す旅~」を11月17日にリリース。
怒濤の3ヶ月連続リリースとなる。
また11月から約1年半振りの全国ツアーZEPP TOUR 2010をスタートさせ年内を駆け抜け2011年は1月9日の日本武道館公演新春公演で幕を開け4月から6月にかけてアルバムタイトルを冠した、全国25会場27公演のCONCERT TOUR 2011「悪魔のささやき~そして、心に火を灯す旅~」を敢行。
夏フェス出演、9月17日にには毎年恒例の日比谷野音公演、10月1日には大阪城野音公演開催。
11月16日には前作より約1年ぶりのリリースとなる待望のシングル「ワインディングロード/東京からまんまで宇宙」を発売。
同日に歴戦のフェスとイベントのライブ映像を網羅したDVD「ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011」を発売。
年末のフェス出演を経て、新春ライブ渋谷公会堂2days(1/6,7)を開催。
2012年4月25日には待望の43rdシングル「大地のシンフォニー/約束」をリリース。
そして、5月30日には通算21作目、待望のNEW ALBUM「MASTERPIECE」をリリース。
6月17日のZepp Sapporoを皮切りに、9会場11公演のCONCERT TOUR 2012“MASTERPIECE”を行い、夏フェスに出演。
10月に予定されていた日比谷野音(23年連続開催)、大阪城野音単独公演はヴォーカル宮本浩次の左耳の病気(外リンパ瘻)により中止となる。
ただし「どうか俺を野音で少しだけ歌わせてくれ」という本人の強い希望により立った10月14日の日比谷野外大音楽堂のステージは特別なものとなった。
10月31日には映画「のぼうの城」主題歌、44thシングル「ズレてる方がいい」をリリース!!

2013年3月21日で1988年のデビューから25年を迎え、これからの1年間をアニヴァーサリーイヤーとする事を発表!
第1弾リリースとして、6枚組ライブブートレグBOX(通称:赤箱)を発売。幻のライブCD「日本 夏」「野音 秋」を再リリース。
また、第2弾リリースとして、ユニバーサル&ソニー&ポニーキャニオン3社連動企画「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition/「ココロに花を」deluxe edition/「THE ELEPHANT KASHIMASHI LIVE BEST BOUT」デラックスエディション 2タイトル & ライブベスト盤 3タイトル 6月26日 同時リリース。
そして、デビュー25周年記念 ドキュメンタリー映画「the fighting men’s chronicle エレファントカシマシ 劇場版」(監督:山下敦弘)全国の映画館17館で7/12(金)より公開。
前年10月のコンサート活動休止以来、約1年振りの 再始動“復活のステージ”が決定!!
「エレカシ復活の野音」と題し、9月の日比谷野外大音楽堂 2days、10月の大阪城野外音楽堂 2days、全4公演を開催。
11月20日、復帰後初、渾身の45thシングル「あなたへ」リリース!!
山下敦弘監督作品・ドキュメンタリーDVD「the fighting men's chronicle エレファントカシマシ ディレクターズカット」同時リリース。
12月18日、待望の「復活の野音」2日目をノーカット収録した LIVE DVD「復活の野音 2013.9.15」リリース!!
錚々たるアーティストが集結した奇跡の1枚。トリビュートCD 第2弾「エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi ~」
同時リリース!!
2014年1月11日、バンド史上初、過去最大規模となる14,000人を動員した「エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ公演」を成功させる。
3月19日、25周年イヤーの最後を飾る LIVE DVD「エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ」をリリース。
今春新たな四半世紀へと踏み出し、多くのFES&イベントへ精力的に出演。
6月11日、通算46枚目のニューシングル「Destiny」(TBS系ドラマ 月曜ミステリーシアター「ホワイト・ラボ 警視庁特別科学捜査班」(主題歌)をリリース!!
夏フェスの季節を経て、秋には2年3ヶ月振り 待望の全国ツアー、そして25年連続の日比谷野外大音楽堂を開催!!

2015年1月3日・4日には待望の日本武道館 新春公演(2Days)を敢行!!
7月11日 LIVE FACTORY 2015を皮切りに、精力的に全国各地の夏フェスに出演。
9月23日、通算47作目のニューシングル「愛すべき今日」、Blu-ray・LIVE DVD「新春ライブ 2015 日本武道館」を同時発売。
9月27日に26年連続となる日比谷野外大音楽堂 2015を開催。会場にて11月18日にニューアルバム「RAINBOW」リリースを発表。アルバムリリースを皮切りに、4年半振りのLIVE HOUSE & HALL TOURとなる「RAINBOW TOUR 2015」を11月19日より開催。

2016年1月4日・5日東京国際フォーラム ホールA、1月10日・11日大阪フェスティバルホールにて、新春ライブとしては初の4日間公演となる「新春ライブ 2016」を敢行。
春フェス、夏フェスへも精力的に出演し、8月3日に48枚目となるシングル「夢を追う旅人」(cw/ i am hungry)をリリース。こちらはダブルタイアップとして、明治企業CM「POWER!ひとくちの力 登坂絵莉選手篇」CMソング、テレビ東京ドラマ24「侠飯~おとこめし~」オープニングテーマとして起用された。
9月17日・18日には、1990年初の野音から27年連続開催となる日比谷野外大音楽堂での2Days公演を、更に、10月からは全国ZEPP TOURを敢行。

2017年、恒例となった「新春ライブ 2017 日本武道館」公演を行い、いよいよデビュー30周年アニバーサリーイヤーに突入。
デビュー記念日の3月21日にはキャリア史上初となるオールタイムベストアルバム"30th Anniversary 「All Time Best Album THE FIGHTING MAN 」"をリリース。
更に、そちらの前日の3月20日には、自身初となる大阪城ホール公演「デビュー30周年記念コンサート ”さらにドーンと行くぜ!”」を行い、こちらの公演を皮切りに、バンド史上初となる47都道府県ツアー「30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”」を開催!!
7月26日には49枚目のシングル「風と共に」をリリース。40年ぶりにNHK「みんなのうた」6月~7月度を担当することとなった。
そして各地の夏フェスに出演し、11月8日には記念すべき50th Single「RESTART / 今を歌え」を発売!!
同時に3月20日に行われた「デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!” 大阪城ホール」のLIVE Blu-ray / DVDを発売!!
2018年1月6日・7日、14日には、毎年恒例の「新春ライブ2018」の開催が決定。
また、2018年3月17日には、30周年イヤーを締めくくる「30th ANNIVERSARY TOUR "THE FIGHTING MAN" FINAL さいたまスーパーアリーナ」の開催が決定している。